• [0]
  • 本体骨組み

  • 投稿者:もつのかよー
 
これも気長に行きます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [45]
  • 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 9月26日(月)21時43分35秒
  • 返信
 
写真1:天端、左右側面の仮置き状況の正面。

写真2:裏面

写真3:軽め穴のバーリング(縁側立ち上げ仕上げ)は
実際と同様模型的にも単純な平面状態より強度をUP
してくれます。
バリ取りも終わり仕上げも一応終了。

以下、今後の予定のコメント!

この後の作業は、縦通材(ストリンガー)の位置を再考察します、
(あ~正直面戸くさ~っ!)
すでに検討はして来たつもりでしたが、仮模型で確認する必要がやはりあると
判断したからです。

気持ちのなえる作業なので逃げてきましたが、やはり乗り越えなければならない!。
・・・なので、しばらくUPが再び滞ってしまわないよう、全く違うカテゴリー
の内容も並行してUPする予定です。

  • [44]
  • 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 9月22日(木)18時42分53秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真1:側壁本チャンの作成
まだ 縦通材の穴あけなど仕上げ前。

写真2:表面
軽め穴リブは仕上げより若干小さめの開口にして
裏側からテーパーをつけた丸棒で押して穴を広げながら表側に押し出して作成。

写真3:裏面
上端部のL字は天端との接合のための処理。
表も含めて、軽め穴の周囲のバリ取りはこれから。

  • [43]
  • Re: 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 9月13日(火)20時45分38秒
  • 編集済
  • 返信
 
ヤスさん
こんばんは
毎週UPですごいですね。
私も負けじとUPします。

これまでのペースを考えると(半年から1年に一回程度)驚異的かも。

今回は天端部です。
トライではなく本チャンです。

写真1:正面
写真2:背面

トライ版と一番の違いは前面部リブに実物同様立ち上がりのリブを
追加(写真3)したことです。

  • [42]
  • Re: 1番隔離壁

  • 投稿者:ヤス
  • 投稿日:2016年 9月11日(日)11時05分40秒
  • 返信
 
もつのかよーさん、おはようごさいます。
ハットチャンネル、素晴らしいデキですね。
ハットチャンネルに関係した所を、アップします。脚がたたんだ時、タイヤと翼の断面です。
細かいところは、作図していません。

  • [41]
  • Re: 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 9月 5日(月)21時25分20秒
  • 編集済
  • 返信
 
ヤスさん
こんばんは

「水平儀、旋回計取付け部」片側くびれですね。
私は今のところ最初期型の両くびれで行こうかと思っております。

写真はまだ作成途中ですが、
第一隔離壁 下端のテーパー付きのハット型チャンネルです。
写真1:正面
写真2:背面


  • [40]
  • Re: 1番隔離壁

  • 投稿者:ヤス
  • 投稿日:2016年 9月 5日(月)18時16分54秒
  • 返信
 
もつのかよーさん こんばんわ。
参考ですか~
自己責任でお願いします。
2番、3番アップします。
a6m232さん、もし見ていましたら、
おかしな所を、指摘してくだされば、
ありがたく思います。

  • [39]
  • 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 8月30日(火)21時42分11秒
  • 編集済
  • 返信
 
ヤスさん こんばんは
やー!すごいですねー

とんでもないです笑えません。
一段隔離壁 上部形状ヤスさん同様、本チャン凸で作成しています。
そのような理由なので、前回UP図面参考にしている方は今回UPを利用してください。
写真:1赤丸部今回修正部位
写真:2修正対応図。

今後の作成で他資料他ヤスさんの図面も参考にさせていただきます。

  • [38]
  • Re: 1番隔離壁

  • 投稿者:ヤス
  • 投稿日:2016年 8月30日(火)21時21分38秒
  • 返信
 
もつのかよーさん こんばんわ。
進んでるみたいですね。私は、まったくです。
1番、4番、5番、アップしときます。
推測図面、悪く言えば、でっち上げ図面ですが、笑って頂ければと。

  • [37]
  • 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 8月30日(火)21時00分21秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真:4
断面
とりあえず出来る事が確認出来たので、一安心。
これからが本チャンです。
ちなみに、素材は一般のアルミ材0.3mmを使用しています。
この後52S 合金アルミで作成したら型が崩壊しました。

写真の断面形状が再現できたので一般の0.3mm材でも強度は十分保てる?と判断して
この先同じ工法で進めます。

  • [36]
  • 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 8月30日(火)20時56分2秒
  • 返信
 
トライショットのアップします。
写真:1

写真:2、3
裏と表


  • [35]
  • 1番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 8月16日(火)19時49分9秒
  • 編集済
  • 返信
 
図面が出来たのでUPいたします。

写真1)図面
写真2)型図
写真3)型紙を1.0mmアルミ板に張付けて型の作成状況。

図面と作成方法を練るのに時間がかかり、
途中飽きてほったらかしにしていましたが
ようやく再開できました。

http://


  • [34]
  • Re: 二年ぶり

  • 投稿者:aoki
  • 投稿日:2016年 4月10日(日)18時45分2秒
  • 返信
 
ヤスさん 大変ご無沙汰しています。
> もつのかよーさん こんばんわ。
> 第一隔壁ですか~。残骸の画像がなかなか見つかりませんよね。私は、52型の防火壁にしてます。
当然他の隔離壁や縦通材も計画しながらなのでなかなか投稿するまでの形になりません。
> 誰にも見せた事ないので、恥ずかしいのですが、似てるかな?
何をおっしゃいます、十分よく描かれております。

またよろしくお願いいたします。

  • [33]
  • Re: 二年ぶり

  • 投稿者:ヤス
  • 投稿日:2016年 4月 9日(土)00時28分42秒
  • 返信
 
もつのかよーさん こんばんわ。
第一隔壁ですか~。残骸の画像がなかなか見つかりませんよね。私は、52型の防火壁にしてます。
側面図ですが、アップしときます。
誰にも見せた事ないので、恥ずかしいのですが、似てるかな?
失礼します。

  • [32]
  • 二年ぶり

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2016年 3月13日(日)12時59分50秒
  • 編集済
  • 返信
 
ご無沙汰しています。
間をあけて2年以上たちましたが、まずは1番隔離壁ポンチ絵。
腕もだいぶ落ちましたが、モチベーションは復帰しそうです。

滞っていた0~7番隔離壁の図面作成から入ります。
なのでまた間が空くかと思いますが、よろしくお願いいたします。



  • [31]
  • Re: 0~2番、4番隔離壁

  • 投稿者:Y2-128
  • 投稿日:2013年 8月19日(月)18時22分55秒
  • 返信
 
もつのかよーさん、こんにちは。

> 発動機架 潤滑油漕と0番隔離壁の仮組と、2番及び4番隔離壁の形状検討です。

A6M・・・さんの援護射撃いや激励帽ふれ、ご苦労様です。
いや~根気よく製作されていますね。
8月と言えばhidekaさんはじめD社零で盛り上がっていた皆さんを思い出します。
皆さんお元気ですか~~~!!
所でもつよかよーさんのオイルタンク、欲しい~~

  • [30]
  • Re: 0~2番、4番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 8月18日(日)20時25分17秒
  • 返信
 
皆さんこんばんは、
本体骨組み9回目です。

しばらく仕事で黙殺されておりましたがようやく夏休みで時間も取れて多少ですが更新できました。

写真:1
本体骨組はそのほとんどを作り直す可能性があったため予備で本体前部骨組みを購入しておいたので2セットあります。

奥があるのが先にラインテープにて各隔離壁及び縦通材の位置を再確認した本体、
手前の予備の本体はその検討のラインを基に各隔離壁で切断した状況(第二隔離壁までですが)。
これもさきにA6M232さん、ヤスさん、のご協力のおかげです。

このほか状況写真はありませんが各切断した部材はスキャンを行っています。
これはCADの下絵として使用するのが目的です。
因みにスキャンデータはJPG形式で保存しておけば殆どのCADで下絵として取り込むことが可能です。

第二隔離壁の設計は兼ねてより興味のある計器盤などの設計に入れるのと、7.7mmの銃座の位置も決定できるので一気に本体前部の設計の見通しがつきます。たぶん・・


  • [29]
  • 0~2番、4番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月25日(土)23時26分14秒
  • 編集済
  • 返信
 
皆さんこんばんは、
本体骨組み8回目です。

大した内容の更新ではないですが、
発動機架 潤滑油漕と0番隔離壁の仮組と、2番及び4番隔離壁の形状検討です。

写真:1
発動機架 潤滑油漕と0番隔離壁の仮組です。
設計通り作っているので組上がるのが当たり前とはいえ実際組上がるとそれなりの感慨があります。

写真:2、3
2番、4番隔離壁 横側面形状の検討です。
D社主翼主桁巾は実際の1/16に近いのでこれを基本にしました。
隔離壁を主翼前後主桁巾に合わせてラインを変更、
D社オリジナルでは2番隔離壁は「ハ」の字、11型の図面などではそのようだが、21型実物写真及び図面集では正面側隔離壁角度が直角に近い、模型的にもその方が整合性が取れます。
4番隔離壁は後列主桁を跨ぐ形で拡幅。

相変わらず面白くもない地味な作業ですが 本体骨組みの要の作業なので我慢で進めます。

  • [28]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月11日(土)21時55分28秒
  • 返信
 
完成写真の続き
写真4,5、6です。
写真6は内側側面下部にピントを合わせた写真。


  • [27]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月11日(土)21時47分22秒
  • 返信
 
本体骨組み07
皆さんこんばんは、
本体骨組み7回目です。
今回は0番隔離壁の内側側面の仕上げ本体完成させます。

写真1
外側同様0.3mm洋白を使用、内側は外側よりも面倒なので取付の勝手の良さを考慮して左右に分けて取り付けることにしました。
寸法は巾はW=1.75mm 長さL=98.0mm
ただし長さ方向は部材100mm以上のとし左右最終取付時に切断調整寸。

今回大変役に立たのが写真にあるクリップや小クランプ、
クリップは東急Hで画材売り場で、小クランプは100円ショップで入手できます。
この手の固定材無しにハンダ作業は重要です。

側面のハンダ付けで特に気を付けたのは上部の内外側面が接近する部分
ハンダを流すまで熱を加えると先につけた外側側面が外れる可能性がある為
先に栄一二のスレ発動機架で紹介した小手先を細目に交換することで対処しました。

写真2、3,4,5
は完成写真
私は通常この手の仕上げは粗仕上げ各種金ヤスリ、中仕上げに600番仕上げに1200番の耐水ペーパーを使用しています。

この後は発動機架固定金物、配線基部、防火壁の作成に入ります。


  • [26]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月 8日(水)22時22分41秒
  • 編集済
  • 返信
 
hataさん こんばんは

> きれいな曲線出てますね
> 仕上がりを期待します 笑

ありがとうございます。

とにかくどこの工程で終了しても自分が満足できるように
破綻なく一つ一つのパーツ作成を楽しもうと思います。

  • [25]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:hata
  • 投稿日:2013年 5月 8日(水)16時19分21秒
  • 返信
 
こんばんは

きれいな曲線出てますね
仕上がりを期待します 笑

  • [24]
  • 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月 6日(月)22時12分59秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真4
ハンダ付けはL型アルミアングルに固定して点付、治具のアルミに部材の熱を奪われるためハンダを流すにトーチであぶる必要があります。
もし小手を利用してハンダを流すなら、いったんアルミ治具から外して流します。
ただし治具を外して流す場合はバラバラになってしまう可能性が高いので事前の考慮が重要です。
ちなみに私は両方の方法を活用しました。

写真5、6
外側上部側面のみ仕上げた状態での撮影。
この後、下面及び内側側面が残りますがとりあえず投稿します。
洋白とハンダの見栄の愛称は良いので接合後仕上げるとご覧のように一体のプレスに見える様に仕上がります。
裏側は補強を兼ねて多めにハンダを盛っています。


  • [23]
  • 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月 6日(月)22時11分13秒
  • 編集済
  • 返信
 
皆さんこんばんは、
本体骨組み6回目です。
今回は連休もあったので5回目に引き続き立て続けに投稿します。

写真1
0番隔離壁の外側側面及び発動機架取付金具のテンプレート型紙、消火壁はおまけで後に利用します。(0番隔離壁 側面は正面同様に素材は洋白を使用しますが防火壁の素材は検討中です。)
隔離壁は本来プレス加工の一体モノですが技術的に私は無理なので外側側面、及び内側側面を別途パーツとして先に作成した0番隔離壁パネルにハンダ付けを行います。

写真2
側面は0.3mm洋白を使用して作成するのですが、外側上面側面は形状が単純形状ではないのカッターで切り出しは諦めて、エッチング工法で作成することに。(方法はこのスレで以前紹介した方法と同じ)
写真は型紙を張り付けてマスキングを行った状態。

写真3
部材の組立前の写真。
隔離壁正面及び外側状側面は以外は単純な長方形なのでカッターで切り出しです。



  • [22]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月 6日(月)21時02分11秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真4
図面及び現物の写真を参考に主翼固定材を主翼に乗っかる様に両縦通材を上方に移動。
0番隔離壁への接合を兼ねて主翼固定縦通材の先端ラインも修正。
今写真を見ると主翼前衛のラインがあまり綺麗でないので後の工程で再検討します。

これでやっと安心して止まっていた0番隔離壁の作成にかかれます。


  • [21]
  • プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 5月 6日(月)21時01分10秒
  • 編集済
  • 返信
 
皆さんこんばんは、本体骨組み5回目です。
hataさん、DADGADさんこんばんは、私もなかなか時間が取れない中ですが何とか続けております。

写真1
この時点で主翼と本体の仮組。接合にかかわる2番、4番隔離壁の形状の検討と
0番隔離壁の兼合いの確認を行うためです。

主翼は作成の容易さと実機構造を参考に小骨12、13番中央付近で切断しています。

写真2、3
7番縦通材の下に位置する主翼との固定縦通材が主翼前後の主桁切断しているのを確認。
これは7番縦通材の通りが低すぎるのが原因。
鉛筆で下書きしておるラインが整合性のとれた位置になるので、
まるまる一本分低い位置にあるの分かります。

  • [20]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:DADGAD
  • 投稿日:2013年 4月28日(日)13時54分23秒
  • 返信
 
A6M232様
昨日、ようやく時間が取れたので所沢に出かけてきました。
hidekaさん製作の計器板も、しっかり覗き込んでまいりました。
せっかく持ち込んだデジカメがバッテリー上がりで役に立たず、
泣く泣く携帯電話で撮影してきました。
見事な計器板(大小)も、うれしい角度から撮影できたので、
画質はともかく、至極満足の一日でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/pentanglejp


  • [19]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:DADGAD
  • 投稿日:2013年 4月28日(日)13時50分26秒
  • 返信
 
もつのかよー様
素晴らしいです。ついつい指が動かなくなった自分が情けないですね。
ようやく暖かくなってきたことだし、模型作りを始めたいです。
引き続き、見事な作例を楽しみにしています。

http://blogs.yahoo.co.jp/pentanglejp


  • [18]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:hata
  • 投稿日:2013年 4月19日(金)10時33分19秒
  • 返信
 
こんにちは

もつのかよーさんのモチベーションには頭が下がります
なぜか手に付かない状態が続いてます

師匠の計器板はすごさは、接写して拡大しないと....
「人の手で、この大きさで出来るですね」とゆう見本ですね 笑

所沢へ行きたいです

  • [17]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:Y2-128
  • 投稿日:2013年 4月19日(金)09時19分43秒
  • 返信
 
>>15
A6M232さん
> 余談でhidekaさん製作の計器板も私の計器板の真下に展示してきました^^
> あの凄さに気付いて頂ける人はさてどれだけいるのやら・・・笑
私は画像しか見ていませんでしたが、キャプションと思っていました。

もつよかよーさん。
一生やる事にしては安い買い物といえるのかな。

  • [16]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 4月18日(木)21時19分30秒
  • 返信
 
Y2-128さん,A6M232さん こんばんは

> いや~美しい組上がりですね。苦労されたでしょう。
> 本家で再燃(再、再、再燃)している垂直尾翼のオフセットに絡む部分もありますね。
> このスケールでは気にしなくて良いのでボチボチいかれてください。

写真では綺麗に見えますが実物は瞬着の跡やら大変汚いです。
と言うのも現段階では仮組でこの後全てバラバラになります。
たぶん大方作り直しになることを考えるとぼちぼちどころか
生きている間に完成するのやら・・・です。

> 余談でhidekaさん製作の計器板も私の計器板の真下に展示してきました^^
> あの凄さに気付いて頂ける人はさてどれだけいるのやら・・・笑

懐かしいですねー
私もこのhidekaさんの計器盤を拝見した時には本当に感動したものです。

皆さん再熱心待ちにしている次第です。

  • [15]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:A6M232
  • 投稿日:2013年 4月18日(木)20時01分57秒
  • 返信
 
頑張っていますね~
先日最大可動域をやっていたので慌てて撮影した事を思い出してみてみましたが・・・
昇降舵は無かったです^^;
誤魔化しで補助翼添付しておきます。
製作頑張って下さい。

余談でhidekaさん製作の計器板も私の計器板の真下に展示してきました^^
あの凄さに気付いて頂ける人はさてどれだけいるのやら・・・笑

  • [14]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:Y2-128
  • 投稿日:2013年 4月18日(木)08時30分59秒
  • 返信
 
もつのかよーさん、こんにちは。
いや~美しい組上がりですね。苦労されたでしょう。
本家で再燃(再、再、再燃)している垂直尾翼のオフセットに絡む部分もありますね。
このスケールでは気にしなくて良いのでボチボチいかれてください。


  • [13]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 4月17日(水)21時51分1秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真5.6
縦通材の通りを検討するうえで重要になってくるのが10番縦通材。以前にhataさんが指摘していた昇降舵の稼働範囲(資料によって可動角度が違うがここではN氏の上35度下25度を可動範囲の参考とした)をこの時点で検証しながら適切なラインを決める。

写真:7
縦通材の位置が決まった時点で位置のマーキングのためにマカーでラインテープの通り目にマーキングをしたところ。


  • [12]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 4月17日(水)21時49分7秒
  • 返信
 
写真:3.4
機体中心線(ここでは黄色の水糸)を目安にラインテープを利用して縦通材の通りを確認。
通りの修正は本体後部よりむしろ本体前部(胴部)に集中するのが確認できる。


  • [11]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 4月17日(水)21時47分49秒
  • 返信
 
皆さんこんばんは本体骨組み4回目です。
相も変わらず地味な作業の連続です

写真:1.2
1/16の図面上で差し金を利用プロポーションを確認していり所。
前回お伝えしたように側面形状は程問題なし・・・なのでやはり縦通材の通りが悪いことを再確認。


  • [10]
  • Re: プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 2月22日(金)00時24分59秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真:3
ここでD社品本体の形状を確認するために仮で組上げた本体に中心基準線に黄色の糸を通し、
1/16で出力した図面と模型の形状などを確認しているところ。

写真:4
実際D社では中心線が上な分、8番縦通材を機首側の上端付近に位置しているのが確認できる。

写真:5
以前7.7mm機銃さんが指摘したとおり7番隔離壁で縦通材が基準線(黄色の糸)に対してへの字に通りが曲がっているのが確認できる。

総括として
1.本体側面外形は保々図面通り。
対策:外形形状は予定通りD社オリジナルを継承する。
2.縦通材は通りがガタガタ。
対策:全て作り直し
3・発動機取付位置は基準の中心線に対して1/16で3㎜程度上に位置する。
対策:先人の完成写真から保々プロポーションに問題がないと思うので予定通り修正しない。
4・作成は仮組の本体形状を維持しながら新しい部材と交換する方法で進めます。
他に治具を作る方法など色々考えましたが、結局以前河口湖の飲み会で酔っ払った勢いで話した方法が一番と行きつきこの方法で行くことにしました。


  • [9]
  • プロポーション

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 2月22日(金)00時23分6秒
  • 返信
 
皆さんこんばんは本体骨組み3回目です。
今回はD社零戦の本体系形状の私の検証です。

写真:1
以前伝えたとおりD社ゼロは発動機中心位置が正確な縮尺において3㎜、原寸で48㎜程度上に位置する。

写真:2
1/16に調整した青図とCAD図(赤線)を作成。
機体中心線は図面で確認すると8番縦通材を機首側の下端付近を通過し尾部中央に抜ける。
各隔離壁の位置の違いは考証の違いによるが1/16の模型では大した影響にならないので
どちらも参考に出来る様重ねた図面にしている。

面白いのは隔離壁の間隙に違いはあっても当時の青図と最近の考証と保々外形は変わらないのが分かった事です。
そう考えるとD社付録の青図も結構使えます。


  • [8]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 1月21日(月)23時48分7秒
  • 返信
 
DADGADさん こんばんは

> 昨年から3D CADの訓練を受けているのですが、あまりの面白さに零戦作りが
> 棚上げ状態になっています。D社の栄発動機だけでも、製作前にデータを拾って
> おけばよかったと後悔している次第です。

すごいですね!
いきなり3DCADですか?
でも制作の楽しみもその分増えますよね!。

  • [7]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:DADGAD
  • 投稿日:2013年 1月21日(月)18時18分14秒
  • 返信
 
もつのかよー様
hata様

> DADGADさんも同様なことを・・・
> たぶん商売で作る様になったら楽しみではなく地獄になるのでしょうね(笑)。

小生も買います。以前から思っているのですけど、栄発動機のキット、コクピット
のキットというように、パートパートで精緻な模型が設計できれば楽しいので
しょうね。商売は厳しいかもしれませんが。

> このような要望が出ることを考えてもD社には仮に52型を販売するのであれば、
> 精密さと作り易さは十分以上に検討していただきたいものです。

精緻さと作り易さの両立は、技術者さんの永遠の課題なのでしょうか。
昨年から3D CADの訓練を受けているのですが、あまりの面白さに零戦作りが
棚上げ状態になっています。D社の栄発動機だけでも、製作前にデータを拾って
おけばよかったと後悔している次第です。

http://blogs.yahoo.co.jp/pentanglejp


  • [6]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 1月18日(金)22時23分59秒
  • 編集済
  • 返信
 
hataさん こんばんは

> エッチングパーツにさらに磨きがかかってきてますね
> いっそフルスクラッチでキットを企画すると....どのくらいの価格になるか興味津々です 笑
> 某モデルのように100万単位になるのか、量産すれば30-40万くらいなるのか...

私も興味があります。一体どのぐらいかかるのでしょう?
間違いなくW社以上にはなるでしょうね。

実を言うとこの零の作成に対して購入した部材及びツールや書籍の全てのレシートを残しています。
まだ計算していませんが きっと本人も驚く金額になっているかと思います。
作成をやめるか完成した時に集計しようと思います。

> 万が一、D社がもつのかよーさん規格のモデルを再発売したら買います 笑

DADGADさんも同様なことを・・・
たぶん商売で作る様になったら楽しみではなく地獄になるのでしょうね(笑)。

このような要望が出ることを考えてもD社には仮に52型を販売するのであれば、
精密さと作り易さは十分以上に検討していただきたいものです。




  • [5]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:hata
  • 投稿日:2013年 1月18日(金)11時49分47秒
  • 返信
 
もつのかよーさん こんにちは

エッチングパーツにさらに磨きがかかってきてますね
いっそフルスクラッチでキットを企画すると....どのくらいの価格になるか興味津々です 笑

某モデルのように100万単位になるのか、量産すれば30-40万くらいなるのか...
万が一、D社がもつのかよーさん規格のモデルを再発売したら買います 笑

  • [4]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 1月15日(火)21時54分17秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真:7,8
外周を仕上げマスキングのラッカーを落とした状態。
後の開孔のためにケガいたポイントとピンホールのために発生したあばたが混在するが仕上げで処理できる範囲。
ただしやはりピンホールによるあばたは気分的も良くないので塗装の際、スプレーの後筆塗などの処理を行った方が良いのかも。


  • [3]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 1月15日(火)21時53分2秒
  • 編集済
  • 返信
 
写真:4
全体のラッカー系の塗料を塗布。
マスキングのためなので100円ショップで購入したスプレータイプ、
色はマスキングの境目がハッキリする様に黒を利用。
厚み方向の側面は筆塗などで完全にマスキングする。

写真:5
エッチングする箇所の粘着紙をはがした状態。
腐食する洋白板のみが露出している状態

写真:6
前回紹介した方法でエッチング液に浸して4時間後の状態、この間15~20分間隔で撹拌、腐食するか所に穴が開きだしてからは5分間隔で確認する。
腐食の穴が確認できてから急激に腐食が進む。
この後20分もたてば完全にバリも取れる、
ただし今回はこの後の工程で強度が必要なためわざとバリを残した状態でエッチング作業は終了としました。


  • [2]
  • Re: 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 1月15日(火)21時50分26秒
  • 編集済
  • 返信
 
皆さんこんばんは
本体骨組み2回目です。
今回は前回紹介いたしましたテンプレートを利用してエッチング作業です。

写真:1
例によって粘着用紙にスケールの大きさにて印刷、0.5mm洋白に張付けます。

写真:2
今回はエッチング加工で作成するので両面に貼付け。
位置が裏表で整合が取れるように角にφ0.5mm程度の穴お空けて位置合わせ。

写真:3
デザインナイフを利用して該当のパーツに成るインのみ丁寧にカットラインを入れる。
腐食させる箇所を残して切り出します。

後の工作のために中心位置が確認できるように十字をナイフなどでケガいておく。


  • [1]
  • 0番隔離壁

  • 投稿者:もつのかよー
  • 投稿日:2013年 1月 5日(土)23時03分22秒
  • 編集済
  • 返信
 
発動機架の基本形状が決まったのでようやく本体に着手です。
いったいここまで何年かかっているのか本人もあきれています。

写真:1
0番隔離壁のテンプレートです。
0番隔離壁 及び、2番、4番は剛性を考慮して洋白で作成します。
洋白は、アルミに比べて素材の強度が高いのと、接合方法も一般ハンダ及びロウ付け可能で接合方法も当然 瞬着とは比較にならない強度が保てるのが理由。

テンプレートが痩せて軟弱に見えるのは外周及び内周に巻きつける0.3㎜の洋白板を差引いているためです。

作成は、0.5mm洋白にて作成しますが、削出しでは精度及び労力共々自信がないのでエッチング工法で行います、なので当然テンプレートも裏表に二枚、左が正面になります。

一品ものなので前回紹介のインレタを使用しない格安の方法で行います。



レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. 本体骨組み(45)(もつのかよー)16/09/26(月)21:43
  2. 時計旋盤(35)(東京浪漫)16/03/02(水)09:51
  3. "男"のこだわりの一品^^;(191)(asahi21c)15/09/05(土)06:05
  4. 「リンク集」(80)(asahi21c)15/05/11(月)05:53
  5. 栄一二(405)(もつのかよー)14/03/24(月)21:37
  6. コクピット内の小部品全般(355)(hideka)14/03/02(日)22:10
  7. ハウツー編(45)(hideka)12/02/22(水)21:59
  8. 内装系(57)(ひらどロマン)12/02/15(水)23:48
  9. 羽布張り(38)(hata)11/11/09(水)20:47
  10. 主翼、尾翼操作系(140)(ひらどロマン)11/10/19(水)19:35
  11. 尾部胴体(60)(ひらどロマン)11/10/19(水)19:09
  12. 機銃をつくる(206)(hideka)11/09/28(水)18:54
  13. 主翼(オリジナルベース)(4)(もつのかよー)11/09/03(土)09:34
  14. D社にモノ申す!(116)(asahi21c)11/08/01(月)15:22
  15. ここまで進んでます!(4)(asahi21c)11/03/31(木)23:01
  16. 初心者質問コーナー(77)(asahi21c)11/02/23(水)07:51
  17. 計器板いじり倒し(104)(hideka)11/02/18(金)01:10
  18. 機銃取り付け基部(28)(asahi21c)11/02/14(月)12:26
  19. 皿ネジをつくろう(50)(南の島)11/01/20(木)17:22
  20. 主桁作りは根性で!(32)(hideka)10/11/29(月)15:01
スレッド一覧(全31)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成